桃に関しまして

2019/08/06(Tue)

桃園に関しては、安価で本当においしい桃をお客様に提供しようということで始めております。

新聞にあまとう2号で6個1000円〜1500円と記載されましたが、品種や桃の大きさで価格は変わってきます。あまとう2号は当園品種のなかで一番小さな品種になります。宜しくお願い致します。

また、桃は非常に難しい果物です。お客様にすべてをご理解頂くことは難しいと思われます。
今年の新聞に載るまでは、お客様の口コミだけでの店頭販売をしておりました。が、新聞に載ってからご新規で来られたお客様からクレームが来るようになりました。
当園の桃は樹上完熟桃です。
そのため、一般に販売されている桃より日持ちはしません。(当日、翌日くらいまでしか持ちません。本当の完熟桃はそれくらいです)

熟している桃に当たりによる変色などがあるように思われるお客様がいらっしゃいますが、熟したことによる多少の変色はあります。特に桃のお尻部分から熟し始める品種については余計にそう感じられるかもしれません。毎朝検品して販売しておりますので、販売時点での当たり傷や当たりによる変色はありません。

美味しい桃を提供する為に、外見にはあまりこだわっておりません。

また、外見が綺麗なのに、中が茶色になっている桃がある場合があります。これは、甘い桃を作れば作るほど発生するものです。外見上からは判断することが出来ません。(桃が古くなったとかではありません)また、これに対する対策は今のところ発見されておらず、当園としてもこれ以上出来る対策がないのが現状であります。

上記のようなことから見た目の綺麗さを必要とする場合は当園桃は向きません。美味しい桃を食べてほしいという願いから作っております。

申し訳ありませんが、ご理解の上、ご購入をお願い致します。

☆一般のお店で買われる桃と当園の完熟桃をご理解いただけないことによるクレームが多発したため、今までのように完熟での収穫、販売が難しくなりました。完熟桃を供給できなくなったことにより、供給量が少なくなっております。完熟桃ファンの方々にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。



名 前
E-MAIL
URL
タイトル
コメント
文字色
削除キー (記事編集時に必要となります)

クッキー保存





前日]   [くだもの日誌]   [翌日

Copyright(c) 2016 Kudamonogakari LLC. All Rights Reserved.